腎臓病食は宅配で食べられる|メニュー豊富で味も見た目もバッチリ!

食事

プリン体に気をつける

料理

性別は年齢関係なく7.0㎎/dlを超えてしまうと、高尿酸血症になります。高尿酸血症になってしまうと尿酸が血液中で溶けなくなってしまい、結晶が出来て関節あたりに沈んでしまいます。そして、痛風が起こるのです。数値が高い方は、メタボリックシンドロームなどの肥満や脂質異常症なども患いやすいため、注意をしましょう。

痛風にならないようにするためには、プリン体の摂取を抑えることが1番です。鶏レバーや豚レバー、さんまの干物などは1gあたり200㎎~300㎎とプリン体が多いということを知っておきましょう。魚肉ソーセージやコンビーフ、鶏卵やじゃがいも、うどんや大根などは100gあたり50㎎程度して含まれていませんので、毎日の食事に取り入れても問題はないでしょう。しかし、摂取しすぎるとどんどん蓄積されてしまうため、バランス重視が肝心です。
食事には非常に気を遣わなければいけません。1日3食栄養バランスを見ながら献立を考えることで、痛風になるリスクを抑えられます。改善に効くレシピ本などもありますので、それらを利用してみるのも良いでしょう。初心者でも簡単に食事を作ることが出来ます。

症状を悪化させないためには食事以外にも、運動やストレスを溜めないということも必要です。運動をすると肥満や脂質異常症などの改善にもつながり、自然と痛風の連鎖を止めることが可能です。過度な運動は血清尿酸値が上昇する場合があるため、週3日で軽く体を動かすようにした方が良いでしょう。
また、ストレスが溜まると痛風の発作が起きる可能性が高いとも言われています。そのため、休養してストレスの蓄積を防がなければいけません。